日本サッカー協会(JFA)は1日、東京五輪に向けた強化の一環として、U-24日本代表が3月にU-24アルゼンチン代表と国際親善試合で対戦することを発表した。

試合は、3月26日(金)に東京・東京スタジアム、3月29日(月)に福岡・北九州スタジアムで開催。U-24アルゼンチン代表は昨年行われた南米予選を1位で通過して五輪出場権を獲得しており、優勝候補の一角と目されている。

2試合とも、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策を行った上での開催になるとのこと。キックオフ時間、テレビ放送、チケット販売に関する情報は決定次第リリースされるという。

【関連記事】五輪世代の日本代表がブラジルに勝利!現地記者に「株を上げた選手」「本気度」を聞いてみた

東京五輪世代の日本代表は昨年末に国内でトレーニングキャンプを行ったが、その時は天皇杯に出場した川崎フロンターレやガンバ大阪の選手が参加していなかった。

今月は、少なくとも国内組に関してはフルメンバーが招集される見込みとなっている。