今季レアル・マドリーからのローンで古巣トッテナムに復帰したギャレス・ベイル。

プレミアリーグ第26節のバーンリー戦では2ゴール1アシストの大暴れをみせ、4-0の快勝に貢献した。

得点だけでなく、アシストも話題になっている。自陣内からハリー・ケインに完璧なロングフィードを供給してゴールを演出したのだ。

【動画】まるでピルロみたい!ベイルが放った神精度の超フィード

どんぴしゃのロングパス一本で相手を切り裂く圧巻のアシストだった。

海外のファンたちも「レジスタ、ベイル」、「ベイル・イズ・バック」、「なんてアシストだ」、「ベイルのパーフェクトなパス。今日の彼はクレイジーだ」、「ベイル、ケイン、ソン・フンミン。こりゃおそろしい」、「酷い守備だけど、ベイルのボールはファンタスティックだ」、「年寄りベイルがバーンリーを殺す」などとザワついていたぞ。

ベイル自身も調子が戻ってきたと語っているが、ここからの大逆襲となるだろうか。