堂安律を保有するPSVは数々の名選手がプレーしてきたオランダの名門だ。

かつて同クラブでプレーした元スウェーデン代表FWオラ・トイヴォネンによれば、ずば抜けた存在だった選手がいたそう。『VI』によれば、こんな話をしていたという。

オラ・トイヴォネン

「PSVで一緒にプレーしたなかで最高だったのは、絶対的にIbiだ。

全ての練習でスターだったし、常に居残り練習もしていたよ。

残念ながらバルセロナでの膝の手術がよくなかった。彼は断トツで最高だったね」

PSVではドリース・メルテンス、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、メンフィス・デパイらとプレーしたトイヴォネン。だが、ずば抜けていたのは、イブラヒム・アフェライだったそう。

PSVの下部組織出身でもあったアフェライは10代でトップチームの主軸になった天才MF。バルサへ移籍した後は怪我に苦しみ、先日34歳で現役引退を決めた。ただ、PSV時代は圧倒的な存在だったようだ。

【動画】パクチソンがアシスト!天才アフェライの凄さが分かる鬼曲がりシュート

また、トイヴォネンは「Gini(ワイナルドゥム)がリヴァプールであんなにうまくやってるのは一番驚きかもしれない」とも語っていたそう。

PSVではイケイケドリブラーだったワイナルドゥムが守備的MFに転身したことに驚いているのだろうか。