日本サッカー協会(JFA)は19日、U-24アルゼンチン代表との親善試合2試合に向けたU-24日本代表メンバー23名を発表した。

GK:

大迫 敬介 / Keisuke Osako
(サンフレッチェ広島)

沖 悠哉 / Yuy Okia
(鹿島アントラーズ)

谷 晃生 / Kosei Tani
(湘南ベルマーレ)

DF:

板倉 滉 / Ko Itakura
(フローニンゲン/NED)

渡辺 剛 / Tsuyoshi Watanabe
(FC東京)

町田 浩樹 / Koki Machida
(鹿島アントラーズ)

原 輝綺 / Teruki Hara
(清水エスパルス)

古賀 太陽 / Taiyo Koga
(柏レイソル)

瀬古 歩夢 / Ayumu Seko
(セレッソ大阪)

菅原 由勢 / Yukinari Sugawara
(AZ/NED)

中野 伸哉 / Shinya Nakano
(サガン鳥栖U-18)

MF:

中山 雄太 / Yuta Nakayama
(ズウォレ/NED)

相馬 勇紀 / Yuki Soma
(名古屋グランパス)

三好 康児 / Koji Miyoshi
(アントワープ/BEL)

三笘 薫 / Kaoru Mitoma
(川崎フロンターレ)

田中 駿汰 / Shunta Tanaka
(北海道コンサドーレ札幌)

旗手 怜央 / Reo Hatate
(川崎フロンターレ)

堂安 律 / Ritsu Doan
(ビーレフェルト/GER)

田中 碧 / Ao Tanaka
(川崎フロンターレ)

渡辺 皓太 / Kota Watanabe
(横浜F・マリノス)

久保 建英 / Takefusa Kubo
(ヘタフェ/ESP)

FW:

食野 亮太郎 / Ryotaro Meshino
(リオ・アヴェ/POR)

田川 亨介 / Kyosuke Tagawa
(FC東京)

林 大地 / Daichi Hayashi
(サガン鳥栖)

※怪我の堂安律に代わり林大地が招集(3/21)

相手が強豪アルゼンチンということもあり、欧州組を含めて現状のベストに近いメンバーが招集。

久保建英や堂安律、中山雄太といったA代表でもプレーする選手が順当に名を連ねたほか、昨季のJ1王者・川崎フロンターレから最多の3名が招集。また、今季J1で快進撃を続けるサガン鳥栖から、17歳の中野伸哉が驚きの初招集となった。

【関連記事】堂安律、東京五輪世代の日本代表メンバーに今こそ伝えたい「本音」

A代表と活動が重なるため、横内昭展監督が森保一監督に代わって指揮を執るU-24日本代表は、3月26日(金)に東京、29日(月)に北九州でU-24アルゼンチン代表と対戦する。