今月末には世界各国でインターナショナルマッチが予定されている。

そうしたなか、チェルシーのセネガル代表GKエドゥアール・メンディは代表への合流を回避するようだ。

『football.london』などによれば、メンディは歯の手術を受ける必要があるため、ロンドンに留まるとのこと。

トーマス・トゥヘル監督も「(代表には合流せずに)メンディは残る。歯の手術があるからね。その必要があるので、彼は歯科医に見てもらわなければいけない」と述べたという。

【動画】軟体動物か!チェルシーGKメンディのおかしい超反応

一方、MFハキム・ジヤシュはモロッコ代表に合流するとのこと。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら