昨年は自身初のビッグイヤーを獲得したほか、個人賞を総なめにしたバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ。

このほど、その功績を讃えるべくポーランド復興勲章を授与された。そんなレヴァンドフスキは『Sport Bild』のインタビューでこんな話をしていたそう。

ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルンFW)

「(アーリン・ホーランはあなたの後継者なのか)

彼はドルトムントの選手であり、自分は彼のプランについては何も言えない。

言えるのは、彼がとてもいい選手だということだけさ」

「(ホーランと20歳だった頃の自分を比較すると)

サッカーではディティールが常に最も重要なものだ。

20歳か30歳かは関係ない。ディティールが違いを生む。その例がある。

自分がバイエルンに加入した時、シャビ・アロンソがいた。あれは最初の2,3週間のことだったと覚えている。

彼とフラットパスの練習をしたんだ。彼のパスは10本中10本、私のもとに綺麗に届いた。自分は3,4本がバウンドしてしまった。

自分もシャビ・アロンソのようなパーフェクトなパスが出したかった。2,3ヵ月ほどそれを練習して、最終的にはうまくいった。

10本のパス、bambambamだ。ピッチ上では些細なことが違いを生むのさ」

レヴァンドフスキはパスマスターであるシャビ・アロンソのパス精度に驚き、自分もそうなりたいとパス練習に励み、見事に習得してしまったとか。

【動画】これがシャビ・アロンソの神キック!壁を下を打ち抜いだ神業フリーキック

なお、そのシャビ・アロンソは来季からボルシアMGの監督に就任するという話が出ている。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら