アーセナルやなどでプレーした元コートジボワール代表DFコロ・トゥレが『fourfourtwo』の企画でSNS上での質問に答えていた。

マンチェスター・シティとリヴァプールで同僚になった悪童マリオ・バロテッリについてはこう話していたぞ。

コロ・トゥレ

「(あなたが気に入っているバロテッリの出来事は?)

(笑)彼はものすごくクレイジーなやつさ。めっちゃおもしろいよ。

シティの練習場ではロベルト・マンチーニ監督といつも特別な関係にあったことを覚えている。

2人は毎日一緒にいたよ、父と息子のように話していた。とてもおもしろかったね。

いつもマリオはマンチーニとファイトしていたよ、話を聞かずにね!

でも、マンチーニはあの子を愛していたし、出来る限り助けようとしていた。

人々はマリオのことを分かってない。彼はラブリーなやつさ。

若さもあったけれど、すごいこともやった。とてもいい選手だったよ」

愛憎入り乱れる関係だったマンチーニ監督とのやり取りが記憶に残っているそう。

【動画】何度見てもありえない!マンチーニをガチ切れさせたバロテッリの「伝説舐めプ」

そのうえで、バロテッリは誤解されているけれど、愛すべきやつなんだともトゥレは語っていた。