レアル・マドリーの主軸に君臨してきたドイツ代表MFトニ・クロース。

1歳年下の弟であるフェリックス・クロースはドイツ2部リーグのブラウンシュヴァイクに所属している。

そうしたなか、『Marca』がトニ・クロースの“冷淡さ”として弟とのあるエピソードを伝えていた。

それによると、兄トニはUEFAチャンピオンズリーグのリヴァプール戦を戦う直前にもかかわらず、弟と全く異なる話題を話していたそう。

フェリックス・クロース

「どれくらい前にトニと話せるか?

ワールドカップ決勝の5分前でも彼と話すことができるさ。

(CLリヴァプール戦の)20分前に僕らはオスナブリュック対レーゲンスブルク戦のことを話していた。

正しくは0-1という結果だったんだけど、引き分けは自分たちにとって悪くないと結果だと彼に伝えた。

でも、兄からは相手が負けたほうがよかったと言われたよ」

現在ブラウンシュヴァイクは3部降格を回避するべく残留争いを展開している。クロース兄弟はCLのキックオフ直前というタイミングで、2部残留を争っている他チーム同士の対戦結果について話していたとか。

【動画】超冷静なはずのクロースが久保建英を削った鬼タックルシーン

兄トニは決戦直前でも冷静さを保つことができるため、そういう会話が成り立つそう。彼を知る理学療法士もクロースは絶対に緊張しないと証言しているとか。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】