コパ・デル・レイ決勝、バルセロナはアスレティック・ビルバオを0-4で撃破して優勝を決めた。

リオネル・メッシは圧巻の2ゴールを叩き出して、マンオブザマッチを獲得。優勝後には「シーズン前半戦は難しいスタートになった。でも、その後の僕らは強くなったし、とてもよくなった」とチームの状態に手応えを感じているようだった。

実際、決勝前の練習ではメッシと選手たちがわちゃわちゃするこんなシーンも!

選手たちがヘディングでボールをつなぎ、最後はメッシが“ゴール”!

周りの選手たちは一斉にガッツポーズしていたが、メッシとマーク・アンドレ=テアシュテーゲンだけは微妙な反応…。最後まで頭でつなぐというルールだったのかも。

【写真】現役Jリーガーもいる…「最悪のタトゥーを彫った11人のサッカー選手」

なお、『MisterChip』によれば、メッシは7度のコパデルレイ決勝でゴールを決めた119年の大会史上初の選手になったそう。ロナルト・クーマン監督は「彼の将来がどうなるかは分からないが、これがラストゲームではないことを願うよ」と述べていた。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら