2017年に加入するとこれまで123ゴールを記録しているリヴァプールFWモハメド・サラー。

契約が2023年までとなっている彼にはレアル・マドリーやバルセロナへの移籍説も浮上している。

そうしたなか、本人が契約について言及した。『Sky Sports』のインタビューでジョーク交じりにこう述べたそう。

モハメド・サラー(リヴァプールFW)

「誰も何も僕に言ってこないので、あまり言えることはないよ。

クラブの誰も僕に何も言わない。だから、分からないんだ」

「僕は前にも言ったように、プレミアリーグとチャンピオンズリーグをもう一度優勝したい。

勝つのは最高だ。僕は何度でも勝とうとしている。トロフィーを勝ちとることも仕事の一部だからね」

現時点では契約について何の話し合いもないようだ。

【動画】気になるサラーと南野拓実のお喋りシーン

今後の契約についてはシーズン後に話し合うことになるのだろうか。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】