月曜日、ジョゼ・モウリーニョ監督が来季からASローマを率いることになったと発表され、大きな話題になった。

その直後に新聞を賑わせたのは、現在インテルで監督を務めているアントニオ・コンテ氏とかつて舌戦を繰り広げていたという事実だった。

イングランド・プレミアリーグで戦っていた当時の彼らは何度も論争を行っており、かなり激しいライバル関係になっていた。

『Gazzetta dello Sport』によれば、かつてこの二人が指揮したチェルシーのレジェンドであるジャンフランコ・ゾラ氏が、彼らを比較して以下のように話したという。

ジャンフランコ・ゾラ

「(ジョゼ・モウリーニョとアントニオ・コンテを比較すると?)

私は、その二人はかなり異なっていると思うよ。とてもいい監督だが、違っている。

共通している点は、彼らは非常に要求が厳しく、そしてとても個性が強いということだね。

イタリアのサッカーが、最高のジョゼ・モウリーニョを再び発見してくれることを願っているよ。インテルの時代とは全くサッカーは違うが、我々はハイレベルなコーチの話をしているのだからね。

状況に適応することができるだろう。ローマのような環境でも様々なものをもたらすことができるキャラクターがある。彼は付加価値を示している。

彼はアドバンテージを持っている。ローマは情熱で燃える街だ。そしてジョゼは駆り立てる力があるからね」

【写真】「モウリーニョに干された、クリエイティブな選手たち」

イタリアに戻ってくることによって、ジョゼ・モウリーニョがかつてのようなカリスマ性を取り戻してほしい…という。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら