堂安律を保有するオランダの名門PSV。同チームに所属するイスラエル代表エラン・ザハヴィの家族が強盗の被害に遭ったようだ。

『De Telegraaf』によれば、日曜日の午後にアムステルダムにある彼の自宅で事件は起きたという。妻は縛られたうえで、子供たちの前で暴行されたとも。

ヴィレムⅡ戦のために遠征に出ていたザハヴィ本人は不在だったが、彼は試合開始前に急遽チームを離脱している。

同僚のマルコ・ファンヒンケルによると、ザハヴィはチームバスで試合に向かう途中に妻から緊迫した電話を受けていたようだ。

マルコ・ファンヒンケル(PSV MF)

「エランは僕と一緒にバスに乗っていた。彼の反応から何かおかしいと分かった。彼はひどく動揺していた。

彼が電話を受けた時、まだ強盗は続いているようだった。彼は奥さんとヘブライ語で話し込んでいた。

とても強烈だったけれど、詳しくは分からない。子供たち、奥さん、エランの早い回復を祈っている」

容疑者はまだ逮捕されていないが、警察によると配送業者を装っていた可能性がある模様。ただ、幸いにも怪我人は出なかったとのこと。

【動画】中国では最強助っ人!ザハヴィ、PSVでの鬼フリーキック

また、『voetbalprimeur』によると、押し入ったのは2人組で、妻と子供たちは銃で脅されたとも。

アジア最終予選を観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら