先日カタールの王者アル・サッドとの契約を更新したことが発表されたチャビ・エルナンデス。

月曜日の正午には休暇のために故郷のスペインへと戻ってきたことが確認されているが、それによってバルセロナ監督就任の噂が再燃している。

バルセロナは先日リーガの優勝の可能性がなくなったことによってロナルト・クーマン監督の解任を決定したと報じられた。

ジョアン・ラポルタ会長はクーマン監督が考えているサッカーのスタイル自体がクラブに合わないと考えており、違う指揮官を求めている状況だという。

『Deportes Cuatro』によれば、チャビはバルセロナの監督に就任するに当たって譲れない条件を持っているという。

それはクラブの目標やスポーツ面の方向性を完全に制御することができる絶対的な権限で、ジェネラルマネージャーのような役割を兼任できるというのが重要であるそうだ。

エースのリオネル・メッシが契約をまだ更新しておらず、このままでは夏に退団してしまう可能性があるバルセロナ。

【写真】21世紀のバルセロナ、「実際より過小評価された5名のスター」

その慰留に向けてという意味でもチャビ・エルナンデス監督の就任、セルヒオ・アグエロの獲得というプロジェクトが重要だと考えられているようだが…。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】