リヴァプールGKアリソンがプレミアリーグで決めた劇的なゴールが話題になっている。

第36節WBA戦の後半アディショナルタイムに逆転ゴールを叩き込み、チームに勝点3をもたらしたのだ。1892年創設のリヴァプールにおいて、GKが公式戦でゴールを決めたのはこれが初。

そうしたなか、バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーも「なんてゴールだ!友よ」とのメッセージをSNS上で送った。また、『The Athletic』によれば、ノイアーはこう話していたそう。

マヌエル・ノイアー

「彼を祝福したよ。僕らは少しメッセージを交わしたんだ。

どんなGKも決勝ゴールを決めるのを夢見ているものさ。リヴァプールはCL出場権のために勝たなくてはいけなかった。

驚異的だ。すごいヘディングだった。

彼のことがとても嬉しいね。すごくいいヤツだし、気さくなんだ。彼はこの瞬間にふわさしいよ」

ノイアーもアメージングなヘッドだったと絶賛していたようだ。

【動画】このヘディングはすごい!GKアリソン、リヴァプールを救った電撃ゴール

2人でこのゴールについてメッセージを交わしていたとも。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら