タイサッカー協会は19日、「DFティーラトン・ブンマタンが代表招集を辞退することになった」と公式発表した。

現在ワールドカップ・アジア二次予選のグループGで3位につけているタイ。1位のベトナムとは3ポイント差、2位のマレーシアとは1ポイント差となかなかの結果を残している。

そして今回のインターナショナルマッチウィークではインドネシア戦、UAE戦、マレーシア戦を行う予定になっていたが、UAEが会場になったことで問題が発生したようだ。

ティーラトンがUAEに向かった場合、その渡航に従って14日間の検疫を受けることが必要になってしまう。

【写真】今「もっとも価値があるアジア人選手」TOP10

その中でうまくスケジュールの調整を行うことができなかったため、ティーラトンは今回クラブの方に残ることを決断したとのことだ。