悲願であるUEFAチャンピオンズリーグ初制覇を狙うマンチェスター・シティ。今季リーグ戦でチーム最多となる得点を叩き出したのは、ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンだ。

そうしたなか、ジャーナリストのマルセロ・ベクレ氏が気になる情報を伝えている。

ギュンドアンはトレーニングを途中で止めたそうで、太ももの筋肉に問題を起こしたと見られるとのこと。

一方、別のジャーナリストは、ギュンドアンの試合出場に問題はないと異なる情報を伝えている。現時点では情報が錯綜しているようだが、続報を待ちたい。

【動画】ギュンドアン、親友である香川真司との爆笑シーン

ここからは、決定した移籍情報を。レアル・マドリーはオーストリア代表DFダヴィド・アラバと5年契約を結んだ。バイエルン・ミュンヘンを契約満了で退団しており、移籍金はかからない。

リヴァプールはRBライプツィヒからDFイブラヒマ・コナテを獲得。22歳の大型DFと長期契約を結んだとしている。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら