A代表対U-24代表。注目の「日本代表対決」は、A代表の3-0快勝に終わった。

中1日でU-24ガーナ戦が控えているためか、オーバーエイジや冨安健洋、田中碧、堂安律らがベンチスタートとなったU-24代表。逆にA代表は当初予定されていた試合であり、主力選手が多く起用された。

試合は開始早々の2分、コーナーキックから橋本拳人のゴールでA代表が先制。U-24代表は相手の圧力もあって全体がなかなか噛み合わず、41分に鎌田大地の追加点を許してしまう。

ハーフタイムで5人が交代したA代表。その隙に付け込みたかったU-24代表だが、メンバーが変わって戦い方がブレないA代表は、52分にカウンターから浅野拓磨がゴールを決めて突き放す。

【関連記事】日本代表も!サッカー史上最高の「超シンプルデザインユニフォーム」TOP11

78分にオーバーエイジで唯一、遠藤航が投入され流れが多少変わったものの、スコアはそれ以上動かず。A代表が貫録の3-0勝ちを収めた。