11日から開幕するEURO2020に出場することが決まっている北マケドニア代表。13日にオーストリア、17日にウクライナ、そして21日にオランダと対戦する。

しかしこの北マケドニア代表チーム、EURO2020に出場する国の中で唯一となる面白い部分がある。それは「この大会に向けた新ユニフォームを使用しない」点だ。

EURO2020のようなビッグトーナメントは国にとってもサプライヤーにとっても大きなチャンスであり、そこに向けて新しいモデルを出してくるのが普通である。

ところが北マケドニアはなんとEURO2016…5年前に使ったモデルをそのまま使うことになったのだ。

その理由は、なんと「新ユニフォームのデザインが納得できなかったから」である。

北マケドニアサッカー協会は5月末にEURO2020に向けた新しいユニフォームを発表したのだが、その色に大きな批判が寄せられた。

『Jako』との契約によって5年ぶりに作られた新デザインであるが、その色は予想よりもかなり濃い赤になっており、これか「マケドニアのカラーではない、ポルトガルのようだ」とファンからの強烈な批判を巻き起こした。

その結果、5月30日にマケドニアサッカー連盟会長のムアメド・セイディーニ氏が声明を発表。新デザインは連盟の要件に準拠していないと話し、EURO2020では5年前に使用したものをそのまま継続すると宣言したのである。

【写真】北マケドニア代表、ドイツ戦勝利のユニフォームは「2016年モデル」だった

日曜日にEURO2020の初戦を戦う北マケドニア。カタールW杯予選ではドイツを撃破するという金星を成し遂げたチームの「伝統ユニ」にも注目したいところだ。

また、お蔵入りになった新ユニフォームが欲しいというマニアも多そうだが…6月13日から販売予定だったため、一般のユーザーには届きそうにない。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら