ついに開幕を迎えたEURO2020でショッキングなアクシデントが起きた。

グループBのデンマーク対フィンランド戦でクリスティアン・エリクセンが突如昏倒。その姿を目にしたデンマークの選手たちは涙をこぼすなど酷くショックを受けていたが、その場で心肺蘇生を受けた彼は意識を取り戻し、現在は安定した状態にある。心臓の専門家によれば、心不全の可能性があるようだ。

インテルのチームメイトであるロメル・ルカクはEUROロシア戦でゴールを決めた際、エリクセンへのエールを送ったことが話題になっている。

【動画】エリクセン、愛してる!同僚ルカクの感動メッセージシーン

また、同じくインテルのチームメイトであるモロッコ代表アシュラフ・ハキミもゴールを彼に捧げた。ブルキナファソ代表との国際親善試合で得点を決めると、こんなポーズを見せていたのだ。

エリクセンがインテルで背負っている背番号24を指で表したハキミは「勝利、そして、友にゴールを捧げることができて嬉しい!強くあれ、エリクセン」とのメッセージも送っている。

また、ヴァヒド・ハリルホジッチ監督が率いるモロッコ代表も「エリクセンの早い回復を祈っている。サッカー界のファミリーがあなたと共にある」とのエールを送った。

なお、試合は1-0でモロッコが勝利している。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら