EURO2020で王者ポルトガルを下して準々決勝に進出したベルギー。

ヴィッセル神戸でプレーする現役Jリーガーであるトーマス・フェルマーレンはここまで4試合に出場している。

『Sporza』によれば、日本のJリーグを過小評価しないでほしいと口にしていたそう。

トーマス・フェルマーレン(ベルギー代表DF)

「日本のリーグを過小評価してはいけない。

速くて俊敏な選手が多く、自分もかなり試されている。

このEUROに備えるために毎日クラブでハードに練習してきた。

クラブとは連絡をとっているし、昨日の勝利について日本からのお祝いも受け取っているよ」

欧州トップリーグではプレーしていないが、Jリーグで鍛えられていると口にしていたようだ。

【動画】Jリーグを舐めるな!イニエスタの最新マジカルパス

ベルギーは準決勝進出をかけて3日にイタリアと対戦する。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら