PK戦決着となったEURO2020決勝で敗れたイングランド。

PKを失敗した3選手への人種差別的投稿が相次いでおり、警察当局はこれまで5人を逮捕している。

そうしたなか、決勝でPKを失敗した3人への人種差別的侮辱によって、大学入学が取り消される出来事があった。

『Sky Sports』などによれば、英国国立のノッティンガム・トレント大学(NTU)はこのような声明を出したという。

ノッティンガム・トレント大学

「この疑惑にNTUの学生は関わっていない。我々は人種差別を含むいかなる差別も容赦しない。

この問題を迅速に調査した結果、志願者への入学許可を取り消した」

問題になったのはInstagramにポストされたSnapchatグループでのビデオ映像。そのなかで、ある一人の人物が3選手に対して人種差別的な言動をしていた。

【動画】19歳で5人目を蹴る勇気…サカ、無念だったPK失敗シーン

大学の現役学生はかかわっていなかったものの、入学の志願者だった人物の入学許可を取り消したとのこと。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら