ついに開幕した東京オリンピック。初の五輪出場となったザンビア女子サッカー代表が話題になっている。

2試合を終えて1分1敗という結果ながら、21歳のFWバルブラ・バンダが2試合連続のハットトリックを達成したのだ。女子選手がオリンピック1大会で2度のハットトリックを達成するのは史上初。

ただ、10-3で敗れたオランダ戦、4-4の引き分けとなった中国戦では、相手選手もハットトリックを達成。しかも、相手選手のハットトリック達成のほうが時間帯的に早かったために、バンダは記念のボールを2試合ともゲットできなかった可能性がある(ハットトリックを達成すると記念として試合球が貰えるが、最初の達成者に優先権があるとか)。

ただ、「中国戦後、バンダはボールを持って帰っていた。2人とも貰えたのか、彼女だけだったのかは分からないけど」というファンの声も…。

【動画】なでしこジャパン、敗退危機…五輪UK戦の失点シーン

得失点差によって最下位となっているザンビア。グループステージ最終戦でブラジルと激突する。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら