セルヒオ・ラモスとラファエル・ヴァランというレギュラーCB2人を放出したレアル・マドリー。

『Marca』によれば、ヴァランのマンチェスター・ユナイテッドへの売却は、クラブ史上最高額選手になりえるキリアン・エムバペ獲得に向けた最新の動きだという。

レアルは資金を集めるために保有選手の売却や放出に尽力しており、エムバペ以外の補強は考えていない。2人のレギュラーCBを失ったが、代役の獲得もしない見込み。

エムバペの移籍金は1.8億ユーロ(233億円)はくだらないと想定されている。現在、レアルの現金残高は1.22億ユーロ(158億円)だというが、どうにか資金をかき集めて、全力でエムバペを獲りに行く方針だという。

【動画】レアル降臨!?エムバペ、PSGでやった神ドリブル

また、『Onda Cero]』では、好条件のオファーが来た場合、レアルは全ての選手を売りに出す構えだとも伝えている。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら