クロアチアの名門ハイデュク・スプリトとオシエクの試合で、なかなか見られないようなシュートが決まった。

0-0とお互いにゴールが決まらない中で迎えた63分、ハイデュク・スプリトのマルコ・リヴァヤがゴールラインギリギリまで持ち込んでシュート!

【動画】まさかのシュートにゴールキーパーも手が届かず…ラインギリギリからの強烈シュート

逆サイドのポストに当たり、そのままゴールに吸い込まれる…これはすごい。

クロスの狙いがずれたのかシュートを狙ったのかはともかく、本当にピンポイントのコースと回転でなければ決まらない場面だった。