今夏のマーケットで新しいストライカーの獲得に動いていると言われているアトレティコ・マドリー。

昨季の途中から借りていたフランス代表FWムサ・デンベレについてはリヨンへ返却することになり、前線が足りない状況にあるという。

またルイス・スアレスはコパ・アメリカを戦ったことによっての休暇延長があり、ジョアン・フェリックスは足首の怪我で手術を受けたばかり。

先日はバルセロナのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンをサウールとのトレードで獲得するのではないかとも伝えられていたが、それは結局破談になった。

様々な選択肢が潰れていくなか、現在注目を集めているのが「監督の息子」である。

ディエゴ・シメオネ監督の息子に当たるジュリアーノ・シメオネは、アトレティコ・マドリーのBチームでプレーしている18歳のアタッカー。

彼はこのプレシーズンマッチでトップチームに招待されており、練習試合でインパクトある活躍を見せている。先日のレッドブル・ザルツブルク戦でも、VARで最終的に認められなかったもののシュートを決めており、父のディエゴが喜ぶ場面も。

【動画】ジュリアーノ・シメオネ、見事なゴールを決めた…と思いきやVARで認められず

ジョバンニ、ジャンルカに続くシメオネ家の三男ジュリアーノは前線であればどこでもこなせる能力を持っており、今季はトップチームでも使われていくのではないかと伝えられている。

そしてもしストライカーがこのまま補強できなかった場合、ディエゴ・シメオネ監督は息子の活躍に賭けることになるかもしれない…。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら