先日、4件のレイプの1件の性的暴行事件に関与したとしてマンチェスター・シティのフランス代表DFバンジャマン・メンディが逮捕された。

『Mirror』によれば、今回警察はその事件に関連し、性的暴行に関わったとされるもうひとりの男性が逮捕されていたことが明らかにされたという。

逮捕されたのは40歳のルイ・サア・マテュリエという人物であるそう。彼は現在身柄を拘束され、一時的に刑務所で拘留されているようだ。

チェシャ―警察広報

「40歳のルイ・サア・マテュリエは、4件のレイプ事件によって起訴された。

その起訴は16歳以上の女性3人の原告に関連しており、事件は2021年4月から8月の間で起こったとされている」

ルイ・サア・マテュリエは8月下旬にチェスターの裁判所に出廷し、この事件についての公聴会に臨んだとのこと。

【写真】「有名サッカー選手がチームメイトとガチ喧嘩になった5つの事件」

彼はその途中に涙を流し、名前と住所を確認したのみで他の発言はなかったそう。弁護士は保釈申請を提出したが、メンディと同じようにそれは却下されているという。

久保がアトレティコ相手に復活弾!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら