かつてバルセロナなどでプレーしたブラジル人MFパウリーニョ。

33歳になった彼は今夏にサウジアラビアのアル・アハリに移籍したが、わずか4試合で退団することが決まった。

クラブが相互合意のもとで契約を解除すると発表したのだ。パウリーニョはチームを助けるようなパフォーマンスができていないとして自ら契約解除を希望したとのこと。

【動画】0円で獲得可能!33歳になったパウリーニョの最新ゴールシーン

出場4試合で2ゴールを決めたパウリーニョだが、チームは4試合連続で引き分けに終わっていた。

久保がアトレティコ相手に復活弾!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら