マンチェスター・ユナイテッドで若い頃のクリスティアーノ・ロナウドとプレーした解説者リオ・ファーディナンドが、そのときのエピソードを明かしたようだ。

『Mirror』によれば、ファーディナンドは今回『William Hill』の企画インタビューでボクサーのアンソニー・ジョシュアと対談したとのこと。

その中で、ファーディナンドはジョシュアから「クリスティアーノ・ロナウドはなぜあんなに成功したのか?」と聞かれ、以下のように話したという。

【動画】ウェストハム戦で加入後3ゴール目を決めたクリスティアーノ・ロナウド

リオ・ファーディナンド

「クリスティアーノ・ロナウドが我々のチームメイトになったとき、彼はまだ少年に過ぎなかった。しかし成長を求める彼の知性や執着、最高になりたいという願望、それはただただ執拗だった。

あのようなものを見たことがない。ただトップに立つという願望に取り憑かれ、そこに到達するためには何でもやる。

勇気を出さなければならないと思う。人々はクリスティアーノ・ロナウドの勇気についてはあまり話さない。

彼は危険を冒す勇気があった。別の国にやってきて、選んだスポーツに夢中になり、自分の周りに詳細を掘り下げるためのチームを構築した。

彼の家に行ったとき、隣の部屋には6~7人が座っていた。驚いてクリスティアーノに聞いたんだ。『クリス、彼らは何だ?』と。

すると『彼らは専属のマッサージ師、栄養士、ドクター、理学療法士、そしてシェフだよ』と答えたんだ。

彼はこのようなあらゆるサポートを付けていた。当時はそのようなことを誰もやっていなかったからね。その意味で、彼には先見の明があったんだよ」
劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら