かつて内田篤人ともプレーした元オランダ代表FWクラース=ヤン・フンテラール。

38歳になった彼はシャルケを退団し、現役を引退したと見られていた。だが、正式な現役引退はまだ表明していない。

『voetbalzone』によれば、フンテラールは一番最初に所属したHC03という6部のアマチュアチームでプレーに復帰したそう。

フンテラールが兄弟とともにプレーしている同クラブの選手は、20~25歳までの若手とベテラン勢で構成されているとか。

チーム最高齢の63歳でプレーするクラブの会長は「彼は意図的に世間の注目を避け、静かにプロ生活に別れを告げた。今の彼はただサッカーがしたいだけさ。このクラブは温かいお風呂。彼は何も必要ないし、何でもできる」と語っている。

【動画】フンテラールが感謝した内田篤人の「大爆走」シーン

なんでもフンテラールは頻繁にクラブに訪れていたそうで、会長的には復帰に驚きはなかったとか。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら