筋肉系の故障で戦線を離脱しているドルトムントのノルウェー代表FWアーリン・ホーラン。

復帰を目指す彼がSNS上に投稿した姿がノルウェーで物議を醸している。

ホーランはボカ・ジュニオルスのユニフォームを着ていたのだが、胸スポンサーが「カタール航空」だったのだ。

来年のFIFAワールドカップの開催国であるカタールだが、人権問題を抱えている。ホーランらノルウェー代表選手たちは「人権」というTシャツを代表戦で着用したほか、ノルウェー代表は大会のボイコットも検討していた(その後ボイコットしないことを決定)。

そういう経緯があるだけに、ホーランのボカユニフォームは国内で物議を醸しているとか。

【動画】これで問題に…ホーラン、問題のボカユニフォーム姿

『TV2』によれば、ソルバッケン代表監督はこの件についてこう述べたそう。

ストーレ・ソルバッケン(ノルウェー代表監督)

「我々の行動とは何ら関係ない。

ここにいない時のアーリンは我々を代表してはいない。

私に選択肢があったなら、彼には別のユニフォームを着ていただろう。例えば、ノルウェー代表のとかね」

代表チームにいない時の行動だとしつつ、違うユニフォームでもよかったかもと話していたようだ。

久保がアトレティコ相手に復活弾!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら