世界各地で行われているワールドカップ予選。アルゼンチンは南米予選のウルグアイ戦に3-0で勝利した。

先制ゴールを決めたのは、リオネル・メッシ。なんともラッキーだったその得点シーンがこちら。

メッシは左サイドからダイアゴナルに走り込んできたニコラス・ゴンサレスにアウトサイドで引っかけたパスを供給。ボールは味方にギリギリ通らなかったが、相手GKフェルナンド・ムスレラが処理できずにゴールへ転がり込んだ。

【動画】メッシが悪!スアレスのイタズラにガチキレしたネイマールさん

アルゼンチンは予選10試合を終えて、6勝4分と無敗。

『Ole』によれば、メッシは「ルイス(・スアレス)にポストに当たるシーンがあった」とつつ、好セーブを見せた守護神エミリアーノ・マルティネスは世界最高のGKだと讃えていたそう。