この夏、バルセロナを去って、PSGへと移籍したリオネル・メッシ。

彼の親友であるルイス・スアレスが所属するアトレティコ・マドリーも獲得に動いていたようだ。ディエゴ・シメオネ監督が『Ole』でこう明かしていた。

ディオゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリー監督)

「バルセロナで事が起きた時、我々はルイスに電話をした。

レオには電話しなかったよ。ただ、『彼はどうなんだ?乗り気なのか?』と聞くためにルイスに電話した。

彼がアトレティコに来ることができると想像して…わずかな可能性があるのかを確かめるためにね」

「(獲得の望みが消えるまで)3時間ほどだった。PSGは獲得に間違いなく躍起になっていたからね。

(メッシを指導することが)実現していないのが事実だ。彼はバルセロナで、こっちはアトレティコだし、彼が代表にいる時、私はいなかったからね。

空を飛んでいる飛行機を見て、『あそこに行くぞ』と言うようなものさ…」

親友であるスアレスを通じてメッシ獲得の可能性があるのか探りを入れていたようだ。

【動画】悪メッシがスアレスにやらせた!ネイマールのブチ切れシーン

また、シメオネ監督は「メッシは勝ち方を知っているチームでプレーするべき。それがどこかは関係ない」とも述べていたそう。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら