元UFC2階級同時王者の格闘家コナー・マクレガーが、イタリア人ミュージシャンのフランチェスコ・ファッキネッティ氏を暴行したと話題になった。

ファッキネッティ氏は16日にローマで行われたパーティに出席していたところ、マクレガー氏から突然殴られたという。

Instagramのストーリーで腫れ上がった鼻と口の傷を見せて告発を行っているほか、ファッキネッティ氏の妻は「マクレガーの取り巻きは夫にさらに暴行を加えようとしていた」と批判しているそう。

そして、ファッキネッティ氏との交友があるというマリオ・バロテッリもこの事件に反応。ストーリーで言及した。

【動画】社会派バロテッリ。ファッキネッティの被害告発を擁護する

「私はおしなべて暴力を非難する。そして我々皆が暴力を非難している。暴力は絶対にダメだ。暴力はあり得ないものだ」

先日は途中交代にブチ切れてチームメイトの腕を殴りつけていたバロテッリであるが、暴力に対してのスタンスは非常に確固たるものがあるようだ。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら