ボルシア・ドルトムントでプレーしているノルウェー代表FWアーリン・ホーラン。しかし先週末のビーレフェルト戦は怪我のために欠場することに。

ドルトムントのマルコ・ローゼ監督は「股関節屈筋の負傷によって数週間の離脱となる」と発表していたが、復帰はさらに先までずれ込む可能性があるようだ。

『Bild』によれば、ホーランに近い人物であるという元ノルウェー代表FWヤン・オーゲ・フィヨルトフトが「アヤックス戦が今年最後の試合になった可能性がある」と話しているという。

ホーランは先週半ばの段階でかなり怪我が悪化しており、チャンピオンズリーグのアヤックス戦も万全ではない状態で起用されていたとか。

【動画】ホーランの「49試合49ゴール」

プレーを強要されたことに対し、ホーラン側はマルコ・ローゼ監督の選択に腹を立てているとも…。

もちろんことの真偽は全く定かではない。ホーランができるだけ早く戻ってくることを誰もが臨んでいるはずだ。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら