プレミアリーグ第10節、アーセナルは敵地でのレスター戦に0-2で勝利した。

冨安健洋は右サイドバックとして先発フル出場。相手エースFWジェイミー・ヴァーディへの決定的なパスをカットした決死スライディングシーンがこちら。

ジェームズ・マディソンからヴァーディへのパスを渾身タックルでカット!

冨安の体を張った守備でチャンスを阻まれたヴァーディは思わず天を仰いでいた。

『Guardian』でも、「冨安がまたも真価を発揮した。マディソンからヴァーディへのパスをスライディングでインターセプト。彼がクリアしていなければ、ヴァーディが入っていた」と評価していたぞ。

【動画】これが世界最強!ファンダイク、ソン・フンミンを潰した衝撃タックル

この日の冨安は『WhoScored.com』のレーティングでチーム4番目となる評価を受けている。