サウジアラビアの資本が注入されたコンソーシアムに買収されたニューカッスル・ユナイテッド。

ようやく監督もエディ・ハウに決まりそうな状況となっているが、今回「冬の目玉」として考えられている補強の噂も。

冬の補強に使える資金はおよそ1億5000万ポンド(およそ230.9億円)ほどであると伝えられている。

『El Nacional』によれば、その中でのトップターゲットはバルセロナの守護神マルク=アンドレ・テア・シュテーゲンであるとのこと。

その獲得に向けて用意している額はおよそ4700万ポンド(およそ72.4億円)で、デイフェンスの補強の目玉にする方針だという。

【写真】なぜかバロンドール候補から漏れたベストイレブン

バルセロナは現在かなり深刻な経営難に見舞われていると伝えられており、このオファーに対してどんな反応を見せるのか…。