フランクフルト退団、そしてACミラン加入が噂されている日本代表の鎌田大地。

そこで今回は、現在ミランで同じポジションを任されている選手たちを見ていきたい。

ブラヒム・ディアス

Brahim Abdelkader Díaz

マンチェスター・シティ、レアル・マドリーと若くしてトップクラブを渡り歩いてきたブラヒム・ディアス。ただいずれにおいても出番は少なかった。

チームがリーガ優勝するも大幅に出場機会を減らした2019-20シーズンの後、ローンでミランで加入。迎えた昨季は途中出場が多かったものの、セリエAで4ゴール、ELで3ゴールを記録し、覚醒の兆しを見せた。

複数年のローン期間延長を勝ち取ると、今季からは10番を背負って既にセリエAで3ゴールをマーク、好調のチームを牽引している。