中島翔哉ら有力選手たちを保有するポルトガルの名門ポルト。

会長であるピント・ダコスタらに複数の嫌疑がかけられており、当局が捜査を行っている。

『Jornal SOL』によれば、ダコスタ会長は、選手の移籍取引において、4000万ユーロ(51億円)を横領した疑いがあるという。当局はポルトの関係先を捜索しており、会長も容疑者のひとりとされている。

【動画】Jリーグで育ったフッキ、ポルト時代の悪魔的超人シュート

また、会長の息子であるアレシャンドレらには、詐欺や脱税、マネーロンダリングの容疑がかけられているとのこと。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら