イタリアでナンバーワンクラブに君臨してきたユヴェントス。

『Corriere della Sera』によれば、ユーヴェは不正会計の疑いで検察と財務警察から捜査を受けているという。

過去3年間のキャピタルゲインと市場での動きが問題視されており、木曜夜にクラブ本部へ捜索が入った。

アンドレア・アニェッリ会長、パヴェル・ネドヴェド副会長、そして、前スポーツディレクターのファビオ・パラーティチ(現トッテナム)らクラブ幹部らが存在しない取引についての請求書発行などで捜査対象になっている。また、会社責任法に基づき、クラブに対する告発もされているという。

選手の権利マネージメントからの収入も問題視されており、財務警察は5000万ユーロ(64億円)の動きについての文書をおさえたとも。選手移籍にかかわる取引やそれを仲介するエージェントの行動も捜査対象になっているようだ。

【動画】ネドヴェド、神だったユーヴェ時代の異次元ゴール

かなり複雑な問題とされており、今後の進展が注目される。

アジア最終予選を観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら