2年ぶりに開催されたバロンドール授与式。2021年の受賞者はリオネル・メッシに決まった。

バイエルンでゴールを量産し続けるロベルト・レヴァンドフスキは惜しくも2位。

『DIRECTV Sports』によれば、通算7度目の受賞を果たしたメッシは、レヴァンドフスキについてこう発言したそう。

リオネル・メッシ

「誰もが知っているし、僕ら全員が昨年の受賞者はあなたであることに同意している。

『France Football』が2020年のバロンドールをあなたに与えることを願う。

あなたはそれにふわさしいと僕ら全員が信じているし、自宅にそれを飾れることを願っている」

昨季のレヴァンドフスキはCL優勝を果たすなど圧巻の活躍を披露。だが、新型コロナウイルスの影響を考慮して、『France Football』はバロンドールの開催を取りやめた。

【動画】メッシの受賞スピーチを見つめるレヴァンドフスキの表情シーン

なお、レヴァンドフスキは今年から新設された「striker of the year」は受賞している。

アジア最終予選を観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら