クリスティアーノ・ロナウドは、ユヴェントスが行ったとされる違法な選手の取引に関する調査の一環として、事情聴取を受ける可能性があるようだ。

先週金曜日にイタリアの警察はユヴェントスの事務所を強制捜査。トリノとミラノにあるクラブのオフィスから多くの証拠が押収された。

これは、ユヴェントスが2019年から2021年までの選手の取引で発生した移籍金の額の記載を偽造し、ファイナンシャル・フェアプレー制度の制裁を逃れたという疑惑からのもの。

イタリアの当局は、ユヴェントスだけではなくアンドレア・アニェッリ会長、パヴェル・ネドヴェド副会長など6名の役員に関する文書も押収しているとのこと。

また、今年夏までユヴェントスのスポーツディレクターを務めていたファビオ・パラティーチ(現トッテナムSD)も調査の対象になっているよう。

そして『Gazzetta dello Sport』によれば、ロナウドに事情聴取が行われる理由はユヴェントスの電話記録によるものだという。

その記録の中には、ユヴェントス側がロナウドに関連する事項で「理論的に存在しない文書がある」と話していたデータがあるとのこと。

ただその文書はまだ見つかっていないため、クリスティアーノ・ロナウド本人をイタリアに呼び戻して事情を聞くことを考えているそうだ。

【写真】「ロナウドが去ったら恩恵を受ける」ポルトガル代表の5名

報道では、ユヴェントスはこの調査で違法な行為が証明された場合、セリエBへの降格処分を言い渡される可能性があると伝えられている。

【厳選Qoly】なでしこジャパンの名FW大野忍が「今の選手のことを評論したくない」と語った深いワケ “冷たいと思われるかも…”

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら