今季ビーレフェルトからPSVに復帰した堂安律。怪我人の影響もあり、先発の座を掴むと、このところは活躍を続けている。

エールディビジ第15節ユトレヒト戦でも素晴らしいゴールを決めて、4-1の逆転勝利に貢献。オランダ各紙の週間ベストイレブンにも選ばれていた。

『VI』では、堂安に8点の高評価を与え、3-5-2のトップ下として選出。『AD』でも、8点の高評価で中盤の一角に選出しており、『VP』でも、3-3-4の中盤に堂安を選んでいる。

『AD』

「この夏、いくつものドイツクラブが堂安を獲得しようとしていた。だが、彼はそこでは脇役になりそうだった。

怪我人のおかげもあり、この数週間で彼はチャンスを掴み取った。ゴールとアシストでユトレヒト戦の大勝に貢献してみせた」

『VP』

「この数週間におけるPSVでの堂安の顕在化はスペシャルなものだ。

この日本人はゴールと素敵なアシストでユトレヒト戦の大勝に貢献。

ロジャー・シュミット監督が彼をスタメンから除外するのはほぼ不可能だ」

ゴールだけでなく、圧巻のアシストもかなり評価されていた。

 

【動画】天才すぎ…!堂安、全員騙した仰天のノールックアシスト

PSVの2021年残り試合は5つだ。

アジア最終予選を観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら