来年夏に新たなディフェンダーの獲得を目指しているレアル・マドリーが、リヴァプールのDFジョー・ゴメスをターゲットにしているようだ。

キリアン・エムバペやアーリン・ホーランの獲得を考えていると伝えられるレアル・マドリーであるが、やや層が薄くなっている最終ラインの補強も急務だとされている。

これまで多くの選手が噂になっており、アントニオ・リューディガー、ジュール・クンデ、パウ・トーレス、さらにマタイス・デ・リフトという名前もあった。

そして今回『Daily Mail』が伝えたところによれば、レアル・マドリーは新たにリヴァプールDFジョー・ゴメスを獲得候補に加えたという。

ジョー・ゴメスはしばらく怪我に苦しんでいたものの、先日のカラバオカップでノリッジ・シティを相手に出場するなど回復に成功した。

【写真】レアル・マドリーで「ロナウドの穴を埋める選手」と期待された5名の運命

ただその一方、リヴァプールはイブラヒマ・コナテ、ジョエル・マティプ、そしてフィルヒル・ファン・ダイクがいるとはいえ、ナサニエル・フィリップスが退団する可能性があることからジョー・ゴメスを放出する方針はないようだ。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★