夏にレアル・マドリーへの移籍を希望していたPSGのキリアン・エムバペ。契約満了まで半年と迫るなか、1月に移籍するという噂もある。

ただ、ファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、エムバペは『CNN』のインタビューでこう述べたという。

キリアン・エムバペ

「それはない。

僕が1月にレアル・マドリーに行くことはない。1月には起こらないよ」

「僕はPSGにいるし、本当にハッピーさ。

PSGの選手として今シーズンを終える確率は100パーセントだ。

パリで全てのタイトルを獲得するために全てを捧げるよ」

「(将来について)話すタイミングではない。

僕の心にあるのは、チャンピオンズリーグでレアルを打ち負かすことだけさ。

僕らはその準備ができているし、僕も準備は整っている。PSGのために全力を賭す」

CL決勝トーナメントで戦うレアルを撃破することに集中していると述べていたようだ。

(動画1分19秒から)

【動画】エムバペ、レアル・マドリーから奪った唯一のゴールシーン

そんなエムバペはバロンドール授与式で対面したトッテナムファンである俳優のトム・ホランドからスパーズ入りをお願いされるシーンがあった。その件について、本人はこう述べたそう。

キリアン・エムバペ

「スパーズはアントニオ・コンテ監督のもとでいいシーズンを送るはずさ。彼は偉大な監督だからね。

だから、彼らにとってはいいことさ。でも、僕は一生トッテナムでプレーすることはないと思う」