第100回全国高校サッカー選手権大会は1月8日、準決勝が国立競技場で行われた。

残念ながら関東第一は選手にコロナ陽性者が2名出たため、準決勝の出場を辞退。第1試合は大津が不戦勝という形で決勝進出を決めた。

準決勝

2022年1月8日(土)

青森山田(青森) 6-0 高川学園(山口)

第2試合は、優勝候補筆頭の青森山田がユニークなセットプレーで話題の高川学園を圧倒。前半で2点のリードを奪うと、後半さらに4点を追加し、6-0の大勝で4大会連続の決勝進出を決めた。

決勝のカードは以下の通り。

決勝

2022年1月10日(月・祝)

大津(熊本) vs 青森山田(青森)

記念すべき第100回大会の頂点に立つのは、初の決勝に臨む大津か、それとも3年ぶりの青森山田か。

【関連記事】初の選手権ベスト4!公立の雄、大津高校出身の「最強イレブン」を選んでみた

注目の決勝戦は2日後、1月10日の「成人の日」に国立競技場で行われる。