先日、アフリカネーションズカップを戦っているガボン代表チームから早期に離脱することになったピエール=エメリク・オーバメヤング。

大会前に新型コロナウイルスに感染し、さらにその後心臓の問題が明らかになったために解放された…と伝えられていた。

他にもオーバメヤングが規則に違反したことで追放されたという報道もあったが、選手自身がInstagramで「我々は自分たちで解決するのが難しい問題を抱えている。そして噂がさまざまに投げかけられる」とそれらを否定した。

情報が錯綜する中、彼が所属しているアーセナルのミケル・アルテタ監督は、そのような明確な情報は得られていないと語ったそう。

ミケル・アルテタ

「彼はロンドンにいる。戻ってきた理由についてはガボン代表チームから明確な情報が得られなかったので、現在いくつかの検査を受けている状況だ。

彼が良好な状況にあるのかどうか、それに関連する問題がないかどうかを確認することは、我々の義務である。

先日彼は新型コロナウイルスに感染していて、後に代表チームからチームに戻されてきた。

選手の健康状態ができるだけ最高の状態にあることを確認する必要がある。それが判明すれば、その後の対応を行うことができる」

【写真】アーセナル「ヴェンゲル退任後」最高の補強TOP5

なお、ガボン代表の監督パトリス・ヌヴー氏は「アーセナルからの圧力があった」と語っているのだが…。