2022年のワールドカップ出場を目指して、最終予選を戦っている日本代表。

日本代表として2度のワールドカップを戦った大久保嘉人は昨季限りで現役を引退した。彼はDAZNで配信されている内田篤人の『FOOTBALL TIME』に出演するとこんな話をしていた。

大久保嘉人

「(アシストしてくれるとか、やりやすかった選手は?)

いやもう、憲剛さん。(他には)いないんだよね。

一番やりやすいというか。サッカーの話は全くしないけれど、全部分かってくれる。

結構、俺が下がったりするから。その時にふられる(前線にボールを蹴られる)とゴール前まで行くのがちょっときつくなるんだけど、憲剛さんは絶対に自分に当ててくれる。

気持ちが分かってるから。リズムを作らせてくれるというか」

大久保は代表と川崎フロンターレでともにプレーした中村憲剛を一番やりやすかった選手に指名。

ボールを触るために低い位置に降りてきた時には必ずボールを当ててくれるなど、FWとしての気持ちを完璧に理解してくれていたそう。

【動画】これはすごかった!中村憲剛の神ノールック神アシスト

内田は中村憲剛という名前を聞いた瞬間に「憲剛さんを誉めるのやめない?(笑)みんな、中村って言うんですよ…」とやや嫉妬めいた反応をみせていた。