UEFAチャンピオンズリーグでレアル・マドリーに敗れて敗退が決まったPSG。

今季も悲願であるビッグイヤー獲得には届かず、来季はチームに変革が起きるとも噂されている。

マウリシオ・ポチェッティーノ監督はパージリストの最上位にあり、“粛清”の筆頭候補になっているほか、クラブはレオナルドに代わる新たなスポーツディレクター探しを始めたとも伝えられている。

フランスの情報通であるロマン・モリーナ氏が『Carrusel Deportivo』で語ったところによれば、ポチェッティーノ監督とレオナルドSDだけでなく、キリアン・エムバペとナースル・アル・ハライフィ会長もPSGを去る可能性があるという。

契約満了が迫っているエムバペは、レアル移籍が決定的となっている。もし、この4人が一斉に退団することになれば、かなりの衝撃になるはず。クラブを実質的に保有するカタールはレアル戦に憤怒しているそうで、内部崩壊の危機にあるようだ。

【動画】もはやお笑い…ネイマールがキレた屈辱の「舐めプ」シーン

一方、レアル戦で戦犯扱いされたリオネル・メッシとネイマールは来季もPSGに残るとされている。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら