かつて日本人選手もプレーしたケルンとドルトムント。先日両者が対戦したブンデスリーガ第27節では、こんな映像が世界的に話題になった。

ゴールを決めたドルトムントMFマリウス・ヴォルフをものすごい表情で睨めつける若きケルンファン!

お父さんの膝の上で観戦していたこの子は少女…ではなく、少年だった。彼は5歳のルイスくん。

このほど、ヴォルフとルイスくんが対面を果たした。

『Bild』によれば、兄弟とともにジグナル・イドゥナ・パルクに招待されたルイスくんはヴォルフに謝っていたそう。

スタジアムを案内され、ユニフォームもプレゼントされたルイスくんは最初は気まずそうだったものの、ヴォルフと和解。ただ、父親譲りの熱狂的ケルンファンだけに、ドルトムントのユニフォームにはあまり反応がなかったが…。

【動画】ちょっと気まずい…ルイスくん、ヴォルフへの塩対応シーン

ヴォルフは「全て解決!僕らはもう友達さ。彼とドルトムントとの関係もますますフレンドリーになっているよ」とのメッセージを出している。

そんなルイスくんはケルン選手の間でも話題になっているようだ。「僕の願いはアントニー・モデストのユニフォームを貰うこと」とInstagramに投稿すると、モデストは「どうしてそんなカワイイの」と反応。4月1日のホームゲームで彼にユニフォームをあげる予定だそう。