J1リーグ第6節、川崎フロンターレ対セレッソ大阪の試合はなんと1-4というスコアで終了した。

前半のうちからセレッソ大阪がゴールを量産し、13分と28分に乾貴士、36分に山田寛人が得点を決める。ハーフタイムの段階で0-3というスコアとなった。

後半にもさらに山田寛人が追加点を決め、0-4に。最後にマルシーニョのゴールで川崎フロンターレが1点を返すも、セレッソ大阪が等々力陸上競技場で大勝する結果になっている。

【動画】後半、山田寛人が川崎フロンターレにとどめを刺す4点目

前節の札幌戦に続いて連続ゴール、しかも1試合2得点を決める活躍を見せた山田寛人は、このブレイクについて以下のように話していた。

山田寛人

「練習から常にゴールを意識してきました。今日の2点目もあのような練習ばかりしているので、感覚でニア上に撃てました。

1点目のところも、後ろから来ているのはわかっていたんですけど、うまくキーパーの位置が見えました。それが自信に繋がっていますね。というより、今までが見えなさすぎたというか(笑)。

今はとにかく1試合にどれだけシュートを打てるかを考えています。乾くん(乾貴士)の1点目も、今までだったらパスを選んでいたと思います。

シュートが下手というわけではなくて(笑)、冷静さとかそういう部分だと思いますので、練習からそれに取り組み続けています。

エスパルス戦のときだったかな。無駄にヒールでパスを出してしまった。自分で撃てたのに、かっさらわれてカウンターを食らった。

それがとても印象に残っていて、セレッソのスタッフからも言われました。アシストなんかするな、シュートだけ撃てと。

それが意識に繋がっていますし、今はうまく得点になっているので、やりがいがあります。意識を変えたことでゴールが生まれているのが嬉しいですね」